1か月 ago
502 Views
0 0

2020
8/ 01 (土) 18:00
8月1日(土)真夏の大暗黒「死×動画×SNS」(※18禁)

Written by
107488050_297515981389873_3480397586323763727_n

日時
2020年08月01日
18:00 - 21:30

カテゴリー


〈ネット上の死のコンテンツ〉をコンプリートしたイベントの第二弾が開催決定!!

令和の時代に入ってから世間を騒がせた数々の「死」、動画とSNSによって拡散・増幅される「死」ーー 事故・殺人・災害……会場のスクリーンに惨劇を映しながら、現代における「死のタブー化」「死のリテラシー」を論じます!!

解説&トークを務めるのは、〈死の現場〉を取材フィールドにしているお二方、デジタル死生ライターの古田雄介氏と、評論家/著述家の真鍋厚氏。

日常から死のリアリティが失われ、ネットにはデジタルな死が氾濫する昨今。
「インフォデミック化する死」にフォーカスすることで何が見えてくるのか。
わたしたちにはどのような未来が待っているのか。
新しい「メメント・モリ(死を想え)」を発見する旅にいざ出発!!
(※一部過激的なコンテンツがあるため18歳未満は入場できません!!)

(※トーク終了後、出演者を交えた交流会となります!!)

【出演】
★古田 雄介(デジタル死生ライター/フリーライター)
1977年生まれ。建設業界と葬祭業界を経て2002年にライターへ転職。2010年から死生とデジタル、インターネットの関連性や実状に関する調査を開始する。著書に『ここが知りたい! デジタル遺品』(技術評論社)、『故人サイト』(社会評論社)など。

★真鍋 厚(評論家/著述家)
1979年、奈良県天理市生まれ。大阪芸術大学大学院芸術制作研究科修士課程修了。出版社に勤める傍ら評論活動を展開。専門分野はテロリズム・戦争、宗教問題とコミュニティの関係など。著書に『テロリスト・ワールド』(現代書館)、『不寛容という不安』(彩流社)がある。

【時間】
開場時間18:00 開演時間18:30

【参加料金】(コロナの影響で、限定20名での開催となります。)
前売り¥2000(共に+1ドリンク) 当日 ¥2100(共に+1ドリンク)

<ご来場になられるお客さまへ>
新型コロナウイルス対策について
日頃より高円寺パンディットをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染予防、および拡散防止のため、 下記の対策をしております。【対策としまして】
お客様が密接する状況及び、店内における人の密集を回避する対策のために
●スタッフ出勤時の検温の実施。 <37.0度以上の場合は速やかに帰宅させ、店内の消毒を実施>
●入店時に非接触体温計にて検温。<37.0度以上の方はご入店をお断りさせていただきます。>
●感染予防のため、トレーでのお金の受け渡しを実施。
●お客様同士の間隔をあけ、密接を回避する。
●感染予防のために手洗い、受付前のアルコール消毒剤での手指消毒にご協力をお願いいたします。
●常時入り口ドアを開放する。
●入り口ドア、カウンター、客席、ステージ、PA機材など、 お客様、スタッフが接触する場所の定期的な消毒。
●スタッフのフェイスシールドの着用、手洗い、うがい、手指消毒の徹底。★下記に該当されるお客様は大変申し訳ございませんが、 ご来店をご遠慮いただきますように、お願いします。
(ご家族にも同様の症状がある場合も含みます)
●マスク着用の無い方
●風邪の症状のある方、発熱がある方(解熱剤内服中の方も含みます)、 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方、2週間以内に海外より帰国された方。
●体調不良の自覚のある方
●店内での咳エチケットの遵守をお願いいたします。お客様には大変ご不便、ご迷惑をおかけ致しますが、
お客様、スタッフの健康と安全確保を最優先に検討した上での対策となりますので、
何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

予約

Comments are closed.

Menu Title