3週 ago
442 Views
1 0

2019
11/ 17 (日) 13:00
11月17日(日)「世界はマゾでできている —松沢呉一著『マゾヒストたち』(新潮文庫)発刊記念」 マゾしか出ません!!<※16禁イベント!!> 

Written by
73333402_653745001816230_2379836052954152960_n

日時
2019年11月17日
13:00 - 16:00

カテゴリー


「世界はマゾでできている—松沢呉一著『マゾヒストたち』(新潮文庫)発刊記念」 マゾしか出ません!!

本年5月をもって休刊となった「スナイパーEVE」で連載していた「当世マゾヒスト列伝」が『マゾヒストたち』として11月1日、新潮文庫に登場。

18人の選び抜かれたマゾ男の精鋭たちのインタビューとコラムで構成された希有なM男たちの肖像。
その発刊を記念して、マゾヒストたちの生の声を聞きます。

女王様がいてのM男ですが、女王様は出ません。
M男が主人公のイベントです。
(実演はありません!!www)

【出演】
松沢呉一(生活マゾ)

【スペシャルゲストのマゾたち】
☆クニオ(露出・身体改造・性豪の変態)
思春期から裏山でセックスを始め、十代でストリップ劇場の楽屋まで出入りするように。以来、全国のストリップ劇場を回り、同時にトルコ風呂にも行くようになった。自身がマゾという自覚はないが、性器に傷をつけて黴菌をつけて化膿させるのが好きで、SMショーにもMとして出演している。自身が身体改造マニアという自覚はないが、ピアスを体中に入れて銭湯に通っている。包茎が自慢で、包茎サークルのメンバーでもある。

☆山田龍介(元キックボクサー・ヤプーズマーケット代表)
プロのキックボクサーだったが、マゾに目覚めて、名古屋の北川プロのビデオにデビューし、多数のビデオに出演。最多本数に出たマゾ男優かもしれない。結婚し、子どももいたが、家庭を捨てて、マゾとして生きることを決意して上京。浅野ナオミ女王様の奴隷として軟禁生活を送ったあと、監禁専門ビデオメーカー・ヤプーズマーケットの代表に。同社の出演者はヤプーと呼ばれ、経営者・制作者にしてヤプー0号として出演もしている。

☆紅葉(もみじ:盲目のピアニスト・マゾ)
幼少期に事故で両眼を失明。盲学校に通いながら、ビンタをされたい願望が高まる。数学専攻で国立大学に進んだあと、ピアノの勉強のため、ポーランドに留学。帰国後、自身の欲望を抑えられず、単身、SMクラブに乗り込み、数学、ピアノに続いてマゾとしての実践を開始、V&Rの作品に出演してマゾ男優としてデビュー。本に掲載されたインタビューの段階では独身だったが、その後、結婚。当日はマゾの結婚生活についても聞けるはず。

※※大変申し訳ありません!ゴン太氏は都合により出演できなくなりました。

その代り、変態界の大物が登場します!!!

【時間】

開場/ 13:00
開演/ 13:30

【参加料金】<本は付きません、買ってくださいw>
前売¥2000(ドリンク別)
当日¥2500(ドリンク別)

—————
前売り予約は、下記予約フォームまで
※「お名前 / チケットの枚数 / メールアドレス / 電話番号」をご明記ください。
お問い合わせ:090−2588−9905(担当:奥野)

予約

このイベントは満員です。

Comments are closed.

Menu Title