5か月 ago
936 Views
0 0

2017
7/ 10 (月) 19:00
7月10日(月)高円寺でスラップ裁判!? 高円寺事件(高円寺一体型小中一貫校問題)建設疑惑とスラップ訴訟、その経緯を大検証!!※反対集会ではありません。

Written by
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日時
2017年07月10日
19:00 - 21:30

カテゴリー


杉並区では、教育委員会は、義務教育9年間を通した一貫性のある教育の充実を図るとともに、学校の活性化につながる適正規模を確保して、より質の高い教育活動を実践するため、平成25年11月に「高円寺地域における新しい学校づくり計画」を策定しました。この計画に基づき、未来を担う児童・生徒が健やかに育つ学校となるよう地域の方々とともに取り組み、高円寺地域の特性を生かした魅力ある学校を目指します。
ーー
ということで始まった「小中一貫校」を作るための取り組みは、
田中区長以下与党会派の多数の原理で議会決定がされました。

現在既に工事は始まってます。
http://www.city.suginami.tokyo.jp/kyouiku/gakko/atarashii/kouenji/1008072.html

<高円寺地域の小中一貫教育校施設整備のスケジュール>
平成27年度:基本設計
平成27~28年度:実施設計
平成28年~30年度:新校舎建設工事
平成31年度:新校開校、既存校舎解体工事、グラウンド等整備

高円寺に住む人にとっては自分の子供を通学させることもあり、
きちんと知っておきたいと思います。

高円寺事件とはなにか?
「高円寺一体型一貫校」はどんな学校なのか?
何故スラップ裁判が起きてるのか?

議会で決まった「小中一貫校」、一貫校計画自体に頭から反対はしてはいません。
学校の立地環境、建築規模、住環境への配慮に欠けています。
果たしてこの学校再編計画の結果はどうなるのでしょう?

内容:
   当問題に関する専門家のご意見と今後の対応。
   スラップ訴訟とは、訴訟の経緯、建設疑惑(建物が危ない)。
   当問題の根源である杉並区行政による今回の経緯を検証する。

【出演】(※50音順)
烏賀陽弘道氏(報道記者、元朝日新聞記者、スラップ訴訟等、多数執筆)
金森克之氏(高円寺北1丁目被害者の会 代表、高円寺在住) 
三浦佑哉氏(杉並総合法律事務所・代表、高円寺小中一貫校建設問題被害者の会:担当弁護士、高円寺在住)
水谷(みずのや)和子氏(豊洲・築地市場関連でご活躍の一級建築士、杉並区在住)
他、飛び入り参加もあります。

【協賛】
みんなの会、フォーラム杉並、他 

【進行補佐】
仲里克彦(みんなの会、フォーラム杉並)
奥野徹男(来年小学生になる子供を持つ1児の父、高円寺パンディット店主、高円寺在住)

【時間】
開場19:00 / 開演19:30

【料金】
入場無料!!(居酒屋スペースですので、1ドリンクの注文をお願いします。)

Comments are closed.

Menu Title