3年 ago
1590 Views
0 0

2014
12/ 13 (土) 12:30
12月13日(土)昼:ビギー・ネプテューン先生プレゼンツ 「古代食堂」へのいざないPart2

Written by
地中海

日時
2014年12月13日
12:30 - 16:00

カテゴリー


8月に開催して大好評だったビギー・ネプテューン先生の「古代食堂」

「冬バージョンのメニューも食べてみたい!」というリクエストにお応えして、二回目の開催が決定しました。
今回は、土曜日のお昼の時間帯ですので、参加しやすくなるという方も多いのではないでしょうか。

原宿占い館タリムで御活躍中の、魂の占い師ビギー・ネプテューン先生
鑑定歴30年以上の大先輩で、人気実力ともに超一流の先生です。
気さくで、カッコよくて、物知りで、お話しするのが本当に楽しいのです。
先生のご経歴はこんな感じ

http://ameblo.jp/neptune1203/entry-11541966615.html

ビギー先生をよく知る人いわく、
「先生との会話の8割は食べ物関連のような気が…(^_^;)」
それもそのはず、ビギー先生は占い師の他にも古代料理の研究家という顔もお持ちなんです。古代料理とは、古代ローマ、ギリシャ、ペルシャ、エジプトあたりで食べられていた料理のこと。

★先生による解説★
「古代料理」と言っても範囲は広いのですが、
私の専門は「古代地中海料理」です。
古代ローマ、ギリシャ、ペルシャ、エジプトなどの料理がメインです。

「現代の料理との違いは?」
とよく聞かれますので以下にまとめました。

[古代地中海料理の特徴]
古代地中海と言っても
さまざまな時代がありますが、
ここではAD50年頃の視点で
見てみましょう。
①食材
★現代生活に普通にある食材がない!
●ココア*&チョコレート*
●トマト*
●ジャガイモ*
●トウモロコシ*
●ヴァニラ・ビーンズ*
●サツマイモ*
●カボチャ*
●アボカド*
●パイナップル*
●ピーナッツ*
●インゲン豆*
●唐辛子*
●砂糖:南太平洋原産
●コーヒー:エチオピア原産
●茶、紅茶:中国:雲南省原産
*印はアメリカ大陸原産
現代の私たちの食生活がどれほど
アメリカ大陸原産の食材の恩恵を
受けているかおわかりでしょう。

そして、砂糖、コーヒー、紅茶などは
ヨーロッパ諸国が南米、アジア、アフリカ
などに植民地を作り、大規模な
プランテーションを行った結果、
大量生産が可能になった食材です。
食材以外にもタバコ、綿花、
ゴム、麻などのプランテーション
が作られました。
労働力として奴隷が使われていた時代も
ありました。

●魚介類は天然モノのみ
●畜産品は、搾乳、卵が中心。
食肉用に大量飼育する方法はない。
穀物は貴重な人間の食物だった。

穀物を家畜の飼料として大量に消費する
近代畜産は20世紀になって
発達したものです。
●調味料は、塩、ガルム(魚醤)、ハーブ類、
蜂蜜、酢、オリーブ油、などシンプルなもの。
ソース、ケチャップ、マヨネーズなどは
もちろんない。

②環境
★世界三大宗教がない!
●キリスト教:イエス・キリストの弟子達による
布教活動は行われていたが、信者数は
まだ少なく、度々迫害の対象とされていた。
●仏教:紀元前5世紀にインドの
ゴータマ・シッダルタによって開かれたが、
東アジア・東南アジアが中心で
地中海地方には伝播していない。
●イスラム教:成立は610年頃(7世紀)なので、
まだ歴史には登場していない。

当時のローマ、ギリシャ、エジプトなどは
多神教であり、戒律もそれほど厳しいものでは
ありませんでした。
※ただしユダヤ教は別
★支配階級と庶民の食生活はかなりの差があった

●庶民は楽しみのために食べることはなかった。
空腹を満たすだけで精一杯。
●動物性蛋白の摂取量は、支配階級の方が
圧倒的に多かった
当然体格にも大きな差があった。
身長も20センチ以上の差があったと
言われています。
文字通り「力で支配」していたのです。
★食材のみならず物品の流通は盛んだった
●地中海の海上流通
●ローマ帝国の街道を使った流通
●ローマ帝国外:シルクロードなどを使った流通

いかがですか?古代地中海世界、
何となく懐かしい?
あなたも過去世で生まれていたのでは?
懐かしいと感じた人は、
多分、そうなのだと思います。
ーーーーーー
どうです?
食べてみたくはありませんか?

**********
◎メニュー(予定)◎

★スペルト小麦のパン
※古代品種の小麦
古代ローマ庶民の味

★ガルム・ソース
※古代ローマの調味料

★フェタチーズ入りサラダ
古代ギリシャ風

★魚のフライw/ナッツ・ソース)
古代エジプト風

★チキン&ポークのガルム焼き
古代ローマ貴族の料理

★フェセンジューン
鶏肉のザクロソース煮込み
古代ペルシャ料理

★チェロ(ライス)
長粒米

★デザート
古代ギリシャ風
レモンケーキ
++++++++++++++++++++
◇ビギー先生からのメッセージ◇

私が古代地中海料理に興味を持ち始めてから25年あまりになります。
その根底にあるのは単なる好奇心だけではありません。
その味や香りには私たちの魂に響くものがあるからです。
私たちの魂はこれまでに多くの生を生きてきました。
そして、その中のいくつかは古代地中海世界に生きていた可能性が高いのです。
古代ギリシャ、ローマ、エジプト、ペルシャの歴史や遺跡などに心引かれる人は多いはずです。
私たちの脳は過去世の記憶を忘れてしまっていても、意外と五感が憶えている場合も多いのです。
音、色、匂い、味…
「ああ!この味、初めてなのに懐かしい!」という経験はありませんか?
古代食を召し上がっていただくことで、自分の魂の記憶、そして周囲の人たちとの絆を思い出すキッカケになれば、それは大きな意味のある体験になるでしょう。
++++++++++
12月の年末の昼を一緒に過ごしませんか?
美味しい料理を食べつつ、占い好きの方々と楽しい交流が持てればと思います。

※お申込みは、主催の「日下ゆに」さんのアドレス、heiheihou321@@gmail.com(@を一つ抜いて下さい)まで。
件名は「古代食堂参加希望」でお願いいたします。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております!

定員は15名です!!!
お早めにご予約くださいませ!!!

Comments are closed.

Menu Title